PCユニット施工例

セントラルタワーズ

JR名古屋駅ビル。

カット・接着加工、ユニット加工に携わりました。

HEARBIS(ハービス)

JR大阪駅の西側に位置する梅田のランドマーク。

当社での加工規模が30,000㎡以上かつ30,000m以上にも及ぶ巨大物件です。様々な形状・面積のPC板に対応するために目地幅の種類が100以上も発生し、的確な資材調達と共に納期厳守のための作業性の確保に腐心しました。また、低層棟に磁器施釉の100角特殊面状タイル、高層棟には45角タイルを用いますが、この100角タイルには凹凸があるためノロ漏れ防止のために防潤目地材を使用しました。


 

2014年9月に開催された「国際陶磁器フェスティバル美濃’14」”タイル施工例コンペティション2014″にて 当社納品物件の「クロスエアタワー」が優秀賞を受賞しました。
6色の45二丁タイルをランダムにボーダー状に配することで、木目調のコントラストの再現を可能にしました。
この物件のタイル加工においてはこれらのタイルをデザイン通りにパック加工していくという大変気の遣う作業となりました。

 

PAGETOP
Copyright © 東洋工芸株式会社 All Rights Reserved.
Translate »