PCユニット

東洋工芸ではPC板や現場先付けに用いるタイルユニットを生産しています。

◆PC板や現場先付け用のタイルユニット

「PC(プレキャストコンクリート)工法」とは、建物の基本となる部材をあらかじめ工場で製造した後、現場へ持ち込み組み立てる工業化工法です。
超大型物件の着工や、既存工法の職人不足などに伴い、先付け工法はますます重要性を増しています。
東洋工芸では、PC板や現場先付けに用いるタイルユニットを生産しています。
これらのタイルユニットは従来の手貼り用のユニットと違い、プレキャストコンクリート板の打設と同時にタイルを壁に打ち込めるよう、 目地となる場所に仮目地材を充填し、表面をフィルムで固定(パック)した状態となっています。
これにより、在来工法(現場で鉄筋・型枠を組みコンクリートを流し込んで躯体を造る工法)よりもタイルの剥落を抑え、図面通りの寸法で仕上げる事ができます。

PAGETOP
Copyright © 東洋工芸株式会社 All Rights Reserved.
Translate »